「青春」のメロディーも好きだなあ。斉藤英夫さんのメロディーはどれも好きなんだよなあ。どこがどういう風にいいのかがうまく書けない。どういう表現をすればいいんだろう。
斉藤さんのメロディーはなんだか妙に日本的なテイストを感じるんです。そのメロディーに日本人である森高さんが日本語ならではの良い歌詞を書いてくれる。他の歌詞はありえないよなあという程しっくりはまってる。
なので「CD聴いたり」が「音楽聴いたり」になっていて正直違和感があります。「春休み」が「夏休み」になってイメージが変わっています。でも、やっぱりこの曲は森高千里「青春」。これからさらに森高さんと森高ファンの青春は続いていくよー!!